FC2ブログ

「ゴルフ小屋」  その9

ようやく太陽が顔を出す時間が長くなり、みちのくも暖かくなりつつあります。

練習場の先輩プロ??の皆さんは「先週はいわき!」「15度超えて半そででもいいくらいさ!」
「中ちゃんがもらった泡盛2本持ってきてさ、つぎの日までグデングデンさ!」
「コンパニオン呼ばなかったの??」  ・・・・どんどん話は宴会へ突入!!yonaguni_60do.jpg
間違いなくゴルフに行ったのです??!!   やっぱりプロは違う、過ぎた結果にはこだわらない。

そんな私も急きょ友人からの連絡でコースに行ってまいりました。
早めにお伝えしておきます。 結果は散々でした!! やっぱり??!!
言いたくないのですがスコアーは100!!   ただ、得るものは沢山ありました(やけくそではありません!!) 
 
それでは経過を・・・

<OUT 1番パー4 365ヤード 右ドックレッグ>
・腰をしっかり構え、軸を動かさず左肩をしっかり入れて、右に体重を乗せる!!  はずが・・・
 自分を信じ切れず、こわごわテークバックし軸もずれているなか、テークバックも中途半端でやめて腰も引け・・・・大きくスライス玉
 ぎりぎりだったが右の山の中OB、打ち直しは完全な手打ちで真ん中にちょこんと打ち・・・・・(先週までの練習は何だった!)
スタートはトリプルボギーの7打・・・

<その勢いで2番>は  ダブルボギー6打
<3番> どうせ良くないと、少し開きなおり  若干軸を意識し出して・・・それでもボギー5打
 7  6  5・・・・次は??
<4番> 今度は力みすぎでドライバーミス 2打目 170ヤード6番アイアンでON 友人からもナイスが出たが?
うねっているグリーンの上に着けて 4パット ダブルボギー6打

4ホールで8オーバー・・・いやはや   でもさっきのアイアンは納得だ!  間違ってない・・と、心をおちつかせ次のホールヘ
<5番 139ヤード パー3>
 若干アゲンスト 下り 130ヤード目安でワンオン 1メートル  やった!!バーディ 
 ・・・結果その後パー3は2つがパー(しかも1メートル前後・・バーディーは下手なパットでならず) あと一つはグリーン右わきに2メートルはずしたやつを力が入りオーバーでダブルボギー・・・

何だかんだで少し持ち直して?? 前半スコアー46 まあ何とか!

そこから後半・・・出だしはパー・・・・これで図に乗り、悪い癖が随所に顔を出し、OBやら3パットやら・・・
INは54 結果100
途中からすっかり腰の軸、股関節の我慢が頭から消え去り、この状態でした。

ただ、収穫は軸の考え方は間違っていないと自信を持てたこと!!images (2)
あせらずにスタンスを合わせ、その状態を意識できたのが7~8回、これはすべて自分なりには良いショットになりほぼパーオンしたこと!!
アプローチもパットもそれが必要だと思います。 

次回は2週間後に予定されています。  こうご期待!!??
皆さんの期待を違う形で裏切るように頑張って練習します。  軸は大切です。!!

<仕事に悩んでいたら>・・・・
<自分をよく知りもっと成長を考えたい方は>・・・
スポンサーサイト



趣味にもならず・・・!!

前はカメラ(写真を撮る)を趣味にしていた人がかなりいたように思います。
最も多いのは子供さんの入学や卒業などをきっかけにカメラと写真の世界に入っていく・・・というケースだと思います。

いまはiphoneなどの携帯端末のカメラ性能が上がり、実際のカメラの購入者はかなり減ったようです。
それでも逆ににわかプロの投稿カメラマン?はとんでもない数に増えています。  誰でもプロ📷記者??
隠れて人のプライベートの写真をNetにUPしたり、週刊誌に売り込んだり・・・写真の質や正確性は問われていない!!へぇ~ってこともあったりしますが、でも怖い・・・今朝も、関西のかなりのオジサン芸人がOOOOOだったとか・・・・これはこれで別の話ですが・・
そんな自分もかなり昔にカメラに凝った?時がありました。june01_m16.png
業界の仲間でいつもカメラ片手に会合の写真や宴会の写真などを撮って、機関紙にアップしてくれている人がいました。
宴会中もお酒も飲まずに、周りの人のオチャラケ姿をUPしてくれたりしていました。

気になったので聞いたところ、お酒もあまり得手ではないのだけれどカメラ・写真が大好きだと。
どこどこの山の初夏の景色と山野草の写真はたまらないとか、朝早く霧のかかったOOOO港を出ていく船の姿は泣けてくるとか??
基本はこんなところに注意したら、面白い写真になるとか・・・・聞かせていただきました。
テレビでもそのころに、ちょうど写真の撮り方を芸能人が紹介するコーナーもありました。
また、以前一緒に働いていたメンバーが退職し「カメラ店」で働き始めたという報告があったり、もう駄目です!!買いに向かいました。
子供がもう少しで七五三や入学にも近い、ということもあったので奥さんも了解してくれました。 ただし、簡単なカメラでいいんじゃないの???とくぎを刺されたのですが、趣味のカメラマンの講義は聞いているは、知り合いの再就職のお祝??の雰囲気も相まって
本物?じゃないとダメなんだ、ってなことを言っていろんなことができる?カメラを買いました。
でも活躍は短命に終わりました。(アスリートの寿命は短い??)

七五三の写真も入学の前の記念撮影も、周りの風景に溶け込むように子供の写真を撮ったのですが・・・
「主役が小さい!」 「何の記念写真!!」 「この公園の何とか記念日なの??」
時には写真の端っこに知らないおばさんも登場し、娘とほぼ同じ大きさで両端に写っている!!!「知り合い!!??」
yjimage.jpg
自分は「この花とのバランスがいいだろう!!」 「バックの景色が最高だよな!」て悦に入っていたが
「何の写真!??」   そういわれてみればそうかも!?  じゃこれからは「お前が撮ってくれよ!!?」
「そんなカメラ重たいし、難しいし!!使えない!!」 でほとんどお蔵入り・・・・・
趣味にもならず、活躍の場もなくなり、時代もかわり簡単高性能のスマホ・・・・・こっちはトホホ!!
二度とシャッターが開かない・・・・・・・地方の商店街の状態になっていました。

<仕事がとっても気になる人は>・・・
<自分を知りもっと磨きたい方>・・・

「ゴルフ小屋」  その8

前回はいつもの練習時間に遅れた話を書きました。
先週はドキドキしながら練習場に向かいました。  さすが、いつもの先輩たちは元気に朝練と軽やかな「口撃」のさなかでした。 恐る恐る・・・この間は・・・と声をかけたら向こうから「やっぱ、ダメだった・・・」
「起きたけど、動く気にならなかった」よって、なんだ結局みんな寒さで来なかったんだ・・・・  寒いのに無理してやっても、何んンにも

ならないことは今更分かったわけじゃないけどね!!

松山また勝ちましたね!!  すごい!!
フォームとフィニッシュの形を見ていると、素人目では「どっしりがっちり、グイーン」て感じで、カッコよさは感じない??
でも、ジャックニクラウスは「素晴らしいスイングで、形もいい!!」と、そうなんだろうね。 でないと勝てない!!
我々は下手なくせに見た目のカッコよさだけ追っているし、そのカッコよさも良くない部分をまねうよとしていて、しかも思っているイメージとおそらく全然違っている形なんだと思う。
一緒に回っている仲間や近くで見ているパーティーは「なんじゃやありゃ」てな感じなのだろう!!

でも最近は松山をテレビで見ていると、やろうとしていることがわかるような気がする!!??
  ・・・・・・お前は誰だ!!!  何年も同じことを繰り返す下手の横好きが・・・

あのどっしり感・・・テークバックで右腰の上でしっかり体重を受け止め、腰の高さも変わらずしっかりためを作ってから、じっくりダウンに入っている。
しかも、ダウンは左腰が軸になって、スイングがぶれていかない打ち方をしているように見える。 だから、がちこちのどっしり型に見えて華麗には映らない??・・・・・だからお前は誰だ!!!
それを見ている自分の、最近の修正練習の意図に近い・・て勝手に思っているわけです。bu120605_2 (2)
で右の腰で我慢する重要ポイントが股関節で受け止める!!こと 腰だけで受け止めようとすると、我慢できずに右にスエーするか、腰の高さが変わってしまい、逆くの字から伸びあがって打たなければいけないことになってしまう。
そうなると重心はトップの時にすでに左に乗ってしまっていることになるので、そこから決まった形のトップへ持っていってきれいな軌道でダウンしていくことは無理になってしまうことになる。
それが可能だとしても、かなり難易度の高い難しいこと(プロもやらない?)i200.jpgをこなさなければいけないことになる。  だから、どっしりがっしり受け止める練習をし、しかも股関節で受け止める感覚が必要になる。
この股関節に乗るのはワンクッション・ワンテンポためを作って、上半身のねじれも生むことになるようです。
自らの練習では!!??
練習結果は少し成果になってきているかな??   まだまだ悪い癖が出ますが、いい球の出る頻度が増えた?・・と思いたい!!

でも、先輩たちはどんどん難しい,プロでもやらない打ち方に磨きをかけていました。
 ・・・いいんだよ回らない腰はOOOで!   ・・・・体重乗らなきゃ、あおるように打てばいい!・・・・
すげえーな 春が待ち遠しい!!

<仕事が気になっていたら>・・・・
<もっと自分を成長させるため>・・・・

今までの安全保護とネットセキュリティー??

いやいや毎日毎日楽しいやら、腹が立つやら飽きれるような騒動が報道されています。
正式なニュース?扱いよりは、芸能ネタとしてのワイドショーが喜ぶ話題が豊富ですね。
でもいろんな人が芸能・タレント分野の所属なんですね???
・・・歌手、俳優、グラビア、コメンテーター、レポーター、評論家、元政治家、スポーツ選手・・・お笑いの人はもちろん
いやはや・・・

そのなかで不倫がばれて、活動休止になった「OOOッキーとゲス野郎」の話・・・もともと好きでもなんでもないので
そんなに興味はないし二人の不倫にゲスな興味は持ちたくないのですが、仕事の上でも趣味の上でも少し興味深い
事象があったので・・・ベッキー
二人のネット「LINE」のやり取りが表に出ているという事。

ついでの話ですが、いろんな通信SNSが現れ、それぞれが「無料で便利・みんなと繋がる」をうたい文句に大儲け
無料なのにですよ!!(この話題はいつか、また)

基本無料で安心・安全ははうたい過ぎだと思うし、そもそもそこは信じすぎてはいけないと思う。
失礼だがタダの物に過度過ぎる期待をしては失礼というもの!! 基本は自分で守るしかないと思います。
ソフトをダウンロードした瞬間に登録してある電話番号やメールのアドレス・他のネット企業とのやり取りの経過、など全て把握されている状態になる。
(悪用することは基本ないだろうが??)でもそれを使って、友人になれとか、自分の案内を出せとか? 本来の相手は何も言っていないのに!!

そんな関連付けがされているのに、全く安全です・・・はあり得ないってことをよくよく認識すべきだろうね。

で、この話題(少しずれてました!)
「誰がLINEのやり取りを流したか?」奥さん? メンバー??  友人???
・・・・・サイバー警察が調べるとか?・・・どうだろうね。  まあ、調べてもLINEに脆弱性部分の強化依頼程度か?
(今後大きな犯罪につながらないように、という事で!)

たとえは悪いのですが「泥棒が盗みに入った」ら、そこにもっと大きな盗品があった?とか、盗品があるという噂で「忍びこんだ」ら、その事実を確認できたとか?
どちらの結果も自分から警察に届けるだろうか?ってことに!! どちらも刑の重さこそ違うかもしれないが、れっきとした犯罪!!
なかなか言えないよね。お詫び
出来ないから誰かの力を借りるか、匿名通報するってことになるだろうね。

今までの保護・保全の感覚からは、NET環境の育ちが早くてまだまだ追いついていない。・・・だから今はしっかり自分で準備した鍵?をかけ(業者の指示でなく)盗みに入られないようにする事。 安全ですは簡単に信じない。
盗まれたり人に見られて問題になったり、ネタにされてしまうことは書かない・そんな使い方はしないってことでしょうね。

今回も今までの芸能人のように「知らんぷり」をするか
「自分の馬鹿さ加減を恥ます、ご迷惑をおかけした皆様に心からお詫び申し上げます」ってなことだけ言って涙を流す。

周りのみんなは「心じゃ思っていないよな!」と思っても、心の中は読めないはずだったから。
今は便利で安心安全・しかも簡単にみんなにつながるSNSでやり取り出来るため想像だけされていた「心の中が見えてしまった」
という事になりますね。 
怖いですね。 お金のやり取りも怖い、成りすまされたり、ハッカーに壊されるのも怖い
でも一番怖いのは「人の心の中と日常をすべて把握され、盗み見されること」だと感じます。
・・・日常って安心しているわけですから・・・便利簡単・・楽しいだけじゃ・・せいぜい遊びの利用??

あとは、何があっても責任は自分でっていう決心・覚悟が必要ですね。

NET関連企業の皆さんすみません。 決して悪口ではありません。 わたくしも関わってきましたし、今も少しは関連が・・・
工事中私もNETの便利さは大いに享受させてもらっていますし。
流れるネットニュースで、やはりどうしてもゲスな内容のものに目が行ってしまう
今日この頃です。
「悪趣味」ですみませんが、話題をいただきありがとうございます!!

<仕事で悩んでいたら>・・・・
<もっと自分を知り、成長したい方>・・・・

「ゴルフ小屋」  その7

前回報告の通り、練習に行ってまいりました。 朝から雪が降り風も強い状態でした。
いつも朝の早い時間帯に行っているのですが、実はその日は昼近くの気温が回復してからでした。
・・・・天候の話は言い訳です。

なぜそこまで書くか、と言いますと長年週末はほとんど朝早くに練習場に行っています。
大雪が降った時には、自分のほかにもう一人しかいないこともありましたし、練習場に着いたらあまりの大雪で「今日は無理っす!!」と係りの人に言われ、暇だったので雪かきを手伝って帰ってきたこともあります。
雪だるまそんな自分が昨日は「遅かった」のです。
それがそんなに問題か??   問題なのです!!
つい数回前、練習に行ったとき(その時は雪は少なかったのですが、すごく寒い日でした)
ずうっと長年来ていて顔みしりの、自分よりもはるか年上の先輩3人に「こんな日も来るんですね?」と声をかけられ「早起き過ぎの練習好き、ゴルフ下手の気違いは年中無休です」と返答し
そうだよねって変に感心され「よし俺たちもそうしよう」って言われたばっかりでした。
きっと朝早くいつもの時間に先輩たちは行ってる!!  合わせる顔ががない!!  てことです。

で、練習の成果は・・・・かなりばっちりでした。
腰の軸の動きのみを意識し、かなり振れました。
ただ、今までの悪い癖は当然出てしまうし、出そうになって慌てて我慢するので全く違うものになることもありましたが、
そのことに気が付くようになりました。 それが出来たらかなりの良いボールが出ました。

ダウンで右腰を我慢し(右腰でしっかり受け止める)その上で重心がぶれずに、トップまでしっかり肩も回転しきることで、なんとなくその我慢がし切れず左に移っていく状態で腰に乗ってダウンに入る・・・てなことを繰り返しやろうとしてきました。
何パーセントできたか?  30%ぐらいかな??  そんな感じですshoulder.jpg
何度も書いてきましたが、ゴルフは人の感覚の違いでいろんなことが起こりますので、極端にはなりすぎないように!!
この中の記載にも「かなり」「そんな感じ」「やろうと」があるように、あいまいなのに体にはしっかり覚えこませなければいけない運動です。
ただ、形にこだわりすぎて、きちきちこわごわやっては逆にうまくいきません。
自分は基礎もない中で偶然少しうまくいっていたものが、そうできなくなったら、上記のように形だけ考え、円滑な動きにならなくなり、四苦八苦するようになってしまっていました。

一つの見極めのポイントを定めながら、できたら次とじっくりとやっていきましょう。
その方が結局は近道のようです。   自分にはもはや遅いのですが!!

  こないだの先輩へ、休業はしません来週は朝早く行きます「すいませんでした!!」

<仕事が気になったら>・・・
<自分を知り成長を>・・・・

STAPとソクラテス

このところいろんな方面(とりわけ芸能界)で話題が降ってわいて、TV局やスポーツ新聞はネタに事欠かない状態ですね。 見ている方もそうですが・・

そんななか個人的に最も気になったのが、元理研の小保方さんが「あの日」という本を出したこと。
いあや驚いたね。ヽ(*'0'*)ツ

個人的にSTAP細胞はないと思いますが、なぜ今になって・・・・・今だから??
この人に関して一番気なるのが研究員

・途中怪しくなってきてからは科学者的説明や発表が一切ないこと!!・・・・・・まあ、科学者的発言をされても理解できないのだけれど。
「OOOは何回もありました」 「STAP細胞は絶対あります」 「たまたま間違えて使ってしまったけど、内容に問題ありません」と・・・・
そんな人が「ずっと監視付きで再実験をさせられた」
 あたり前のことではないでしょうか・・

疑っていなくともそうするであろうことは、再実験をする時点でわかっていたはずではなかったのか。
信じられないことが起きたらたほとんどの人は「目の前で同じことをやってほしい!!」って言うはずです。  エスパー伊東にも・・・!!マジシャン
今度は 「自分だけが責められた」  「そんな筋書きに貶められた」  「上司がいなくなって・・」
一緒にかかわった同志や先輩・上司への御礼の言葉もなく、その後支援してくれないとの嘆きなど・・
この本も出版社が提案したものではあろうが、結果を出せていないことには一切悪びれていないようだ。

今、理研に罵声を浴びせても、忘れ去りたい理研は反論の訴えを起こさない。
個人と争っても得はなく、大人げないと思われるほか・・・ずっと引きずることになり、被った被害が個人相手では返ってくるはずもない。
しかも、自分たちの身内であったのだから、監督責任からは逃れられない。
そこまで計算されているのかもしれない・・・こうなれば個人の方が強い(出版社か?)・・・・言いっ放しにして終われるから!!(捨て台詞を人前で述べて終わる)

よくわからないけど、一般人の常識からは大きく離れていることはだけは確かだと感じる。
でも本は売れているらしい!!??

たとえも状況も違うのだけれど
哲学者ソクラテスがあらぬ疑いで裁判にかけれ、死刑を求刑されるかもしれない場面でも、自らの考えと・とってきた行動を伝え「善良は善である」との信念を曲げず処刑されることになった。

実は今でいう国外追放、という刑もあったのだそうですが本人はそのために信念と「自らの善」
は曲げられないし譲れない、この姿を次の世代の若い人に見てほしい、と処刑を甘んじて受けた・・らしい??
紀元前の話・・・比べてもしょうがないか??

真実はわかりませんが、今時点で
「STAP」細胞は存在していませんが、芸能界の「SMAP」細胞は継続しいることだけは確かです。

<仕事が気になったら>・・・
<自分を知り成長するために>・・
プロフィール

下手の横好きんちゃん

Author:下手の横好きんちゃん
仕事の関連も投稿内容に加えました。すべて趣味のレベル?

東北生まれの地方育ち、仕事は全国を対象として活動してきました。
いろいろな地域を観て、さまざまな経験もして、たくさんの人や出来事に出会いました。
いろんなチャレンジ?もしてきたつもりですが、はたして?!?!
結果はともかく、うまくいかず下手でも好きなことは多々あります。
でも「これだけでええのかい?」
・・・・何か思います。
趣味の話から見たこと、聞いたこと、感じたこと、起きた出来事を書き込みたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる