FC2ブログ

拘る

先日、友人を車に乗せてある場所から帰ってきた。

途中で、「この道、入って行こうぜ!」と友人。
新しい道だった。

自分は通ったことが無い道だが、友人は知っているのだろうと
思い、その道へ入った。
カーナビに現在地は表示されているのだが、あまり知らない地名だった。
しばらく走ると、偶に通ることがある交差点に出た。
ここは知っているが、自宅からは、かなり離れた場所だ。

友人「何だ、ここに出るのか?」
「おまえ知らなかったのかよ!」
「そりゃそうだよ、新しい道だもの!」 何に!・・・・・??
こいつの家からも、逆に遠くなった。
そういう奴なのだ。

あまり物事に拘らない?高田順二
彼に言わせれば、知らないから通ってみた。 ということなのだろう。
勝手に自分一人の時にやれよ。
悪気はないのだろうが、変わっている。 

ある時、飲み会の打ち合わせをしていた。 場所を何処にするか?
いつものメンバーなので、そんなに変わった場所でなくともよいのだが・・・・
「パスタは好き?」突然そう聞かれた?
「嫌いじゃないけど、何も、男4人で行かなくともいいだろう」
飲み会の場所、食事の話だと思って答えると(普通、話の流れからそうなると思うが・・・)

「飲み会の場所の話じゃないよ」
「たまたま昨日、テレビでパスタやってたから、聞いただけ!」
「そんなにパスタに拘りあるの?」
逆におまえが聞いてどうするんだ、聞くから答えただけだ!
慣れっこにはなっているが、そんな奴だ。

会話の途中で、彼によって話題が変わってしまうことは良くある。
「インフルエンザに罹ったことある?」と突然振られ
「ある」とそれに答えても、なんの反応も示さない。
「おい、それがどうしたんだよ!」と聞き返しても
「気になっただけ!!」と返答される。
何度も聞き返すと
「なぜ、そんなに拘るの?」とこちらが問い詰められる始末。

拘る・・・・何か強い意志を持って、やり通すようなイメージを持つが、
拘るを、辞書で引くと
「些細なことに心がとらわれ、普通でなくなる」という意味もある。
彼の発言で、心がとらわれ、惑わされているのだ。
その彼は、つまらない拘りを持たない、大きな人間なのか?・・・・どうなんだろ?
正月の間、炬燵に入って、しっかり考えてみよう!炬燵
「ほら、また拘ってる」って言われるか?

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



少しの違いは大違い

いったい貴乃花は何処へ行くのだろう?
親方辞めて、部屋閉めて、角界を離れ、離婚までしてしまった。
おまけに息子は、靴職人も未熟のまま、タレント事務所を解雇され、離婚まで。
好きだった関取だったので、今の環境を見ると凄く残念だし、かわいそうな気がする。
(心配はご無用、と言われるだろう・・・・)坂田
そこまでする(行く)つもりはなかったのに・・・ってことってある。
後で思えば、ちょっとのことだったのに、
物の弾みや勢いで、だんだん譲れなくなってしまって、そこに至ってしまう。
そんなことって、あるある。  
ちょっとの違いだから、と長い物には巻かれろ的に言われる。
どこかで、一旦妥協すればよかったのに、って自分で反省することも度々ある。
でも、絶対に譲れないことだってある。
貴乃花は、譲れなかったんだろうな。 それが、何なのか、分からないが!!

今日、何か甘いものが食べたい。
「そうだ、大福が食べたい!」
そう伝えたが、大福
「この間、もらったロールケーキが残っているじゃない」
「あんこの大福が食べたいんだよ」 そう嘆願した。

子供とお母さんの会話ではない、自分とかみさんのやり取りだ。
しかし、「いいの! 同じ甘いものがあるんだから!」
簡単に一蹴されてしまった。
甘けりゃいいってもんじゃないし、甘いものは皆同じじゃないだろ。

あんこの大福が食べたくて、すでに脳にインプットされているのに
甘いものの同類として、ロールケーキで押し切られる。
少しの違いは、大違いなのだ。(少しの違いじゃないか?)
譲りたくはないのだが・・・・・

中華が、餃子に
うどんが、スパゲティに
すき焼きが、生姜焼きに  変わる。
そんな展開は、よくある。

大違いなんだけど、何処にも行けない。
行くところは決まっている。
ロールケーキを食べて、お茶を飲んで、歯磨きして、
向かうは布団の中。 大福も夢の中だ。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村

この次は絶対に。

こどもの頃、宿題や忘れ物をしては、先生に叱られた。
「どうしていつもこうなの? 次からどうする!!」
「次からは絶対に忘れません!!」
絶対に・・・って、忘れないように、しっかりメモして、カバンに入れときなさい!」
・・・・で最後に、ゴツンとげんこつ一つ貰う。
絶対に・・・・というこの言葉は怪しい。 しかし、そういうしかないと思って使っていた。 子供からすれば最強語なのだ。
でも、メモをカバンに入れても忘れる。 カバンを開けないのだから。
まさかそんなことは先生にいえない。
親に叱られても、「次からは絶対に・・・」と使っていた。
が、いま思えば本気なのだが、具体性はない。
次にまた同じことをして「絶対に、て言ったでしょう!」と言われると、もはや言い返す言葉は見つからない。
まあ、改善の意思が薄いといわれるかもしれないが、絶対的な意思はそこにあったのだ。

勿論、忘れ物をして先生にゴツンとやられたなど、決して親には言えない。
それこそ、親にもう一度ゴツンとやられる、羽目になるのがおちだ。1469081682_201812101323106de.jpg

今は、体罰が問題になる(簡単に手を上げる、こと?)。
良いはずはない。 権限や権力を持っている人が、自分の都合と気分で、
目下の者にやってしまっているのが、特に問題なんだろう。
時代も変わり、こうして問題扱いされていくうちに、おそらく改善され、なくなっていくのだろう。

だが、考えて欲しいのは絶対に・・・
大人の世界・・・会社の中でも、絶対に、という言葉は殆ど聞かれない。
なぜか? 絶対という言葉が、強烈な使命を持った約束に聞こえてしまうからだろう。
しかし、約束するなら、必要な言葉だと思う。
失敗は許されない?(そんなことはないと思う)

それこそ、政治家は絶対に使わない。(決して、確実な約束や明言はしないのが政治家だから?)
①失敗や間違えでも・・・・遺憾に・・・
②出来なくと・・・・・次からは前向きに善処する・・・・
③まるっきり不足でも・・・懸命に取り組んだが、事足りずで、力不足だった・・・・
④前回も駄目だったろ!、と言われても・・・・・常に否定だけしていても、何も前には進まない!
と相手に向かって、批判だけだと指摘する。
そして、再度②から繰り返すか③、②の順番で発言し、
反省した風に装うか、のどちらかだ。
このフレーズがあれば、政治家の答弁は足りてしまう。麻生
体罰は決して駄目だ。 
「体罰を受けても、何も生まれないし、改善されない」
立派な言葉で、その通りだと思う。
だが、体罰を受けたからといって、
全員おかしな大人になった訳ではない。 時代の違いはあるが、何かの足しにはなったかも?

体罰を受けたことも、強烈な批判をしっかり受け止めたことも無い政治家さん!(罰さえも受けない!)
頼むから、一度は「絶対に・・」といって、仕事も、説明もやり遂げて欲しい。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村

あの、お聞きしますが?

あの~すみません?」
後ろから声を掛けた。
「ハイ、何でしょう?」 
迷惑そうに振り返った相手。
「これ落としませんでしたか・・・?」
歩いている前の人が、パスカードを落としたので
拾ってあげた。
そんな時、一応丁寧に「すみません。ありがとうございます」
とお礼を言う人の確率は50%弱。
残りは「・・・・?」と頭を下げ受け取る人や、何も言わずに、
ただ頷いたかどうかわからないまま、受け取るだけの人。メンゴ

日本人も寂しくなったもんだ。

日本に来る外国人が増えたことを政府は、自慢する。
インバウンドって。
それで潤っている人も沢山いるだろうが、
迷惑をこうむるだけの人も大勢いる。
(何の恩恵も受けない人、迷惑を受けている人の方が断然多い)
ずっと前から中国人観光客のマナーの悪さは問題だし、
韓国人はそれを僅差で追う。(世界ランク上位独占?)
それが今は、いたるところに外国人。

外国人受け入れのために「民泊」を始める人も増えた。
そういう人は、外国人のマナーの悪さには口を挟まない。
「海外の人が日本に来てくれたらいいじゃないの!」
「日本を知ってもらえれば良い!」という。
しかし、周りは汚れ、地域のマナーは崩れていく。
「そんなことは、皆で助け合いましょう!」
自分の貸している部屋は、キレににするよう細かい指示や注意は促す。
「あの~商売のためだけに綺麗ごとを言っているだけでしょう!!」 って思ってしまう。
しかし、そんな反応には
「なんで皆さんは、この街や日本が世界に知られるようになるのに、協力しようとしないんですか?」
って周りの協力が足りないことを、批判する人まで出る始末。
自分の都合で行っていることを、人間の道徳活動や社会貢献でもしているように言う。

なんだか、日本政府・・・自民党の中身の無い、きれいごとと同じに聞こえる。
ルールや規約が無いまま、ただ外国人を受け入れる。
単純にお金を使ってもらうために、外国人に来てもらう。
日本の労働力の補填のために、外国人を呼ぶ。

来た外国人が、困らないような制度や対策の作成も急務だ。
なのに、何も整備しないまま、受け入れだけは決めた。
オリンピックが終わり、静かになると
、「日本は外人に冷たい国だ」と化けの皮が剥がれてしまう気がする。
そうなると日本人だって、困ってしまう。
だから、無理に大阪万博も実施か?
付けの先延ばしだ。

一時的に外国人労働者で、日本の労働力は補われるかもしれないが、
「70歳まで働け」と言われている日本人は、どんな仕事をすればいいんだろうね。

「あの~何をしたらいいんでしょう?」と問いたくなる。おおオヤジ
まさか、「海外に行って働け」というんじゃないだろうね?
いや、日本に来た外国人労働者に使われる????
民泊が、日本人向けの「簡易宿泊所」になったりしないよな。
その時は、日本のマナーも「韓国流」になる?
「あの~ごみ落としましたけど?」 
「捨てたの!!」

「すいません「」

恐ろしい。
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
プロフィール

下手の横好きんちゃん

Author:下手の横好きんちゃん
仕事の関連も投稿内容に加えました。すべて趣味のレベル?

東北生まれの地方育ち、仕事は全国を対象として活動してきました。
いろいろな地域を観て、さまざまな経験もして、たくさんの人や出来事に出会いました。
いろんなチャレンジ?もしてきたつもりですが、はたして?!?!
結果はともかく、うまくいかず下手でも好きなことは多々あります。
でも「これだけでええのかい?」
・・・・何か思います。
趣味の話から見たこと、聞いたこと、感じたこと、起きた出来事を書き込みたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる