FC2ブログ

気になる人たち

街の中を歩いていると、様々な人を見かける。

スキップ調で歩いている人や、大きな鼻歌を歌いながら歩く人。
何か良いことでもあったのだろうか?

仕事の愚痴なのか、大きな声で独り言を発するサラリーマン。

ついつい目が行ってしまう、気になる人たちだ。

本人たちは、そんな行動を意識してやっているのだろうか?
気付かず知らずのうちにとっている行動なのだろうか?

でも、こんな人たち、気にはなるが、すぐに通り過ぎ、
視界から消えていく。
だから、ずっと気になることは無い。

先日、バス停に並んでいた。
いろんな人たちの帰宅時間と重なって、多くの人が列を作っていた。

列のかなり前に並んでいる、大きなガタイをしたサラリーマン・・・・
両足で爪先立っては、降ろす、ということを繰り返している。
それには、ドスドスという音が伴う。
体が大きいので、目立つし、気になる。

バス停に設置されている、小さなベンチ?に座っているお婆さん。
手提げ袋の中を、覗いては閉め、覗いては閉めるを繰り返す。
「何か失くしたんですか?」と声を掛けたかったが、そうでもなさそうだ。

だが、それ以上に気になった人がいた。
目の前に並んでいるお爺さんだった。
肩に掛けたカバンから何かを取り出しては、
手に塗り、その後で、手のひらをハエ
ハエのようにシャカシャカと何度も擦る。 

良く見るとハンドクリームを塗っているようだ。
で、塗ってはまた擦る。 
擦りすぎるから、ハンドクリームが薄くなり、乾いた感じになるのだろう。
すると、また塗る・・・・それをずっと繰り返す。
ハンドクリーム一本をどれくらいの期間で使い切るのだろうか?
顔は、蝉の幼虫のようだった。蝉の幼虫

「擦らない方がいいですよ」と伝えたかったが、やめた。
見ないように心がけるが、気になって仕方が無かった。

目の前を通り過ぎていく、街の中の人たちならば、
一瞬で視界から消える。
だが、この人たちとはバスを待つ間中、付き合わなければならない。
かなりの苦痛を伴う。

漸く、待っていたバスが到着した。 「よかった」
彼らの行動を見なくて済む。

同時に、ずっとトイレを我慢していたことに気づいた。
両足は内股になり、パタパタと動かしながら尿意に耐えていたのだ。

自分の後ろに並んでいた人は、そんな姿がずっと気になっていただろうな。
「ゴメンナサイ」

バスの中では、ずっと爪先立っていた。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



必要ありません!!

今の世の中、便利な上に手軽なものが増えている?

「OOOはなくとも(しなくとも)OO出来る!」

しかも、そういう宣伝文句に人は弱い。

・食事は減らさなくとも、減量できる
・運動しなくとも、脂肪が減らせる
・わざわざ勉強しなくとも、聞くだけで英語が話せる

・・・・・いい響きだね??

年齢とともに、飛ばせなくなった、アマチュアゴルファーには・・・・・

「力を入れなくとも、素晴らしい飛距離が・・・・しかも、まっすぐ飛びます」

そんなはずはない、と心で半分疑いながらも、気持ちは惹かれる。

・下地クリームなしで使えるOOO、しかも保湿性は抜群、皴も目立ちません
・もはや、他の下着は付けなくても、違和感なくスタイルキープ・・・
化粧

「この方、何歳だと思いますか?」
「実はOO歳なんです」
「ええ!見えない!!」

もはやこのやり取り、無くてはならない定番です。

こんな話は、笑い話で済む(人によっては大問題?)かもしれませんが、
これから大きな問題になるのが、借家建設問題。

東京オリンピックや外国人旅行者の増加を口実に、相続問題に絡めて、
土地と財産を持った人たちにアパートや賃貸マンションの経営を進める業者が、
多く出た。 
家賃保証というが、様々な条件付きの怪しい契約だ!
すでにピークは過ぎた(ということは数多くできたということ)。
国もホテルや住まいが不足する、ということだけを煽った。

地域性はあるが、日本中に何十万戸という空家が存在して、問題になっている。
(東京にも、数多く存在する)
アパート

間違いなく、オリンピック以降、新しく出来た物件にも空きが出来てくる。
造られ過ぎたのと、業者は、また新しい提案を他に対して考えるからだ。
(それが彼らの仕事だから!)

・敷金、礼金無で、すぐ入居
・必要な電化製品は、購入しなくとも、設置済み
・オーナー様は、家賃の心配をしなくとも、容易に借り入れの返済が可能
・管理の心配はいりません。当社が全面代行いたします

昔から、怪しいと言われていた「レオパレス21」、やはりそれは現実だった。
無かったのは、上に記載の内容だけではない。

任せていたはずの管理面を、オーナーさん側が直接調べてみると

・防火壁、防音壁が無い
・天井にあるべき、戸別の仕切り壁も無い
これらは、必ず必要な建築基準だ。
これじゃ、オーナー側に管理をさせないはずだ。

お詫びの会見では、
最も大切な、経営陣の誠意が無い!!

間違いなくこの会社は、倒産に追い込まれる。

住民も大変だが、オーナーさんはもっと大変だ。
残念ながら、保証などといった次元を、遥かに超えてしまうことになる。

「OOが無くても、OOOが可能」・・・・・世の中、そんなに甘くできてはいない、
ということか。

ゴルフも、道具よりまず練習だな。
(よく飛んでくれるボールを探すくらいなら、まだいいかな??)

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村

嫌なことは思い出す

何歳くらいから、そんなことが増えたのか見当はつかないが
かなり前から、その状況は続いていたはずだ。

「その話、前にも聞いた!」
人が一生懸命に話していると、「すでに聞いている」とは言い出しにくいのだが、
何度も同じ話を聞かされる。
ということは、自分も相手にそんな状況を押し付けているのだろう、と想像できる。
だが、お互いそのことは指摘しづらい。
(だけど、何で人が言ったことは思い出すのに、自分が言った中身は忘れてしまうのだろう??)
そこで、「これからはお互い気遣いせずに、聞いた話だったら素直に伝えあおう!」
そんな約束をしあう。 それが互いのためだ!

そうは言いながらも、2回ぐらいまでなら「その話聞いた」という発言は控えてしまう。
相手が元気よく、自信ありげに話している途中に、簡単に話を遮れないからだ。

ところが、それを意識しだすと「この話、前にしたっけ?」と毎回、枕詞のように確認が入る。
これはこれで場がしらける。 楽しい話も、する前に勢いが下がってしまう。
だから、「そんな風に確認するのは辞めよう」と気遣う。 人間は優しい。
ろきー

そうこうするうちに、お互い気付いたら、「その話聞いた!」と指摘することさえ忘れる。

そして、どんな約束をしてきたのか順番に考えるが、なんでそうなったのかが思い出せない。

よくよく考えると、こんなことを何度も繰り返してきたように思う。 
嫌な事だけは思い出す。 思い出さなきゃよかった!

まあ、いいや。
どうせ明日また忘れる。

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ
にほんブログ村
プロフィール

下手の横好きんちゃん

Author:下手の横好きんちゃん
仕事の関連も投稿内容に加えました。すべて趣味のレベル?

東北生まれの地方育ち、仕事は全国を対象として活動してきました。
いろいろな地域を観て、さまざまな経験もして、たくさんの人や出来事に出会いました。
いろんなチャレンジ?もしてきたつもりですが、はたして?!?!
結果はともかく、うまくいかず下手でも好きなことは多々あります。
でも「これだけでええのかい?」
・・・・何か思います。
趣味の話から見たこと、聞いたこと、感じたこと、起きた出来事を書き込みたいと思います。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる